2023年05月07日

七輪のお届け予定について

2023年5月5日の珠洲地震の影響、速報です

(5月24日状況です)
工場ですが応急修理が終わりまして、おおよそ平常通りの製造となっております。
かなりの製造遅れがありますが、取り戻すべく進行中です。


(5月10日状況です)
能登半島・珠洲市の地震によるこちらの七輪工場(能登燃焼器工業)の被害状況ですが、
建屋の一部と焼成窯やその煙突、機械類が破損したようです。
また、製造中の七輪も崩れ多数破損してしまいました。
幸いにも建屋の被害は比較的軽く、致命的なダメージはないとのことです。
珪藻土を採掘する坑道内も破損がありましたが、とりあえずの復旧が終わり、
少量ですが製造を再開しています。
ただ、従業員の方々も被災されており、日常生活を取り戻すには時間が必要なのと
製造中の七輪が破損してしまったことで、遅れの出ることは避けられないようです。


北国新聞情報
https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/1061533
日本で2軒しかない切り出し七輪の工場の1つ、丸和工業さんの被害が大きく、
当面の間、切り出し七輪の供給量はかなり減少しそうです。


以下、地震影響に関係なく通常掲載です。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
カート部に記載の七輪のお届け予定ですが、例えば、
ご注文からお届けまで1〜2ヶ月前後お待ちいただきます。と記載の場合は、
今までの経験値にて、1〜2ヶ月でお届けできることが多いため、そのように記載させていただいておりますが、
実際には、早ければ1週間ほど〜 遅ければ2ヵ月以上かかることもございます。
悪しからずご了承くださいますようお願いいたします。



何故、お届け日が不明なのか?
七輪の製造には、様々な偶然の条件があり、一般的な工業製品のように納期確定ができません。
切り出し七輪は天然の珪藻土(ブロック状)を採掘し、削って製造します。
その珪藻土がいつ採掘できるか???こればかりは、採掘してみないとわからず、
お届け日の確定ができないのです。


 
採掘してみないとわからない! その理由は?
能登半島の珪藻土は1500万年前の地層なのですが、その時代の地殻変動や火山灰の影響で、
珪藻土に不純物が層となって挟まっているのです。
不純物の混入した珪藻土は強度がなく、簡単に割れてしまうため七輪にはできません。
特に大きな七輪は、大きな珪藻土ブロックが必要で、混入層が多いと採掘できる部分が限られます。
この地層を読み取ることは困難で、落盤の危険性もあり、容易に採掘場所を変えることもできません。
この採掘状況が読めないところが、お届け日を決められない最大の理由です。

全長数百メートルに及ぶ坑道の奥から、珪藻土を採掘します。

7 旧坑道内10 新坑道採石作業
















採掘した珪藻土ブロック
不純物のない珪藻土ブロックを削って七輪を作ります。
11 切出珪藻土岩














窯で焼成します
成形した七輪を窯に入れ、800度ほどで2日間焼成します。
この窯への入れ方ですが、下に大きく頑丈な七輪、上に小さな七輪と大きさ順に入れます。
珪藻土は柔らかく、水分を含みとても重く、順序が逆だと下方が押しつぶされるのです。
そのため、七輪も大〜小まで種類と数が揃わないと、この窯詰ができなくなってしまいます。
大きな七輪の数が揃わないと、小さな七輪も入れられず、
ここでさらに予測困難な待ち時間が生まれてしまうことも多いのです。


18 45号焼成後(窯中央にあるものが本品)



















ご注文いただいている皆様。
ご了承のほどよろしくお願いいたします。


七輪本舗トップページへ

Posted by field5392 at 09:50│