2015年09月19日

紀州備長炭の看板 無料

  
 
本物の紀州備長炭使用店が掲示する公式看板です
 
公式!というか正式!というか? 和歌山県木炭協同組合が発行する看板です。
紀州備長炭のブランド化や普及を目的として、文字通り本物の紀州備長炭を使用している証として、炭火焼き店で掲示されています。
この看板は組合より無償提供されますので、販売されることはありません。



DSC_0012
 ◆公式看板
本物の紀州備長炭を常時使用するお店なら、炭の仕入れ先からこの看板を無償提供されるので、
ほとんどのお店が掲示しているはずです。




文字全てが焼き印で、彫刻や印刷はありません。
紀州備長炭使用店、和歌山県木炭移出協議会印 と記されています。


たて55 × よこ11僂曚鼻“麈簓









◆この看板の発行元は?
和歌山県木炭協同組合が紀州備長炭販売店に配布し、販売店からお店に渡されます。
この組合は紀州備長炭の生産者と卸売業者により構成され、ほとんどの生産者と地元の卸売業者が加盟する、紀州備長炭の代表的な組織です。
焼き印の和歌山県木炭移出協議会は、この組合の前身となった組織で、現在は存在しません。

紀州備長炭の「合格検査証票」や「国内航空輸送可」のステッカーも同組合により発行されています。
DSCN4921DSCN4916









◆公式看板とは?
「紀州備長炭」という名称は、上記組合の登録商標です。そのため商標法により使用が制限されています。
数年前、中国でこの商標が登録されてしまっていることがわかり話題にもなったことのある商標です。
この組合が発行する看板をここでは公式看板と言っています。
※他の看板を掲示していても、実際に紀州備長炭を使っていれば、偽装ではないのでまったく問題ありません。
 どのような看板掲示も自由です。ただ何故、この看板を掲示できないのか?少々疑問が残りますが・・・。




DSC_0019
看板は個々に個性があります。
焼き印は組合員さんにより紀州備長炭の窯の火で焼かれます。
焼き印はけっこう難しく、その都度表情が変ります。木の種類もその時々で変ります。









DSC_0009
この印には、四角い外枠がありません。これが正式な和歌山県木炭移出協議会の印です。

←和歌山県木炭移出協議会は、現在の和歌山県木炭協同組合の前身となった組織で、現在はありませんが、 
 昔ながらの焼き印を今も使用しています。








◆入手方法は?
この看板は紀州備長炭販売店から、お店に無償で提供されます。
偽装を防ぐため、だれかれ問わず容易に発行しないよう、組合より指導されています。
もちろん、ネット上で販売されることなどあり得ません。
発行に明確な基準はなく、販売店とお店の信頼関係に基づき、販売店の判断に一任されています。
そのため販売店も組合との信頼関係がないと看板を入手できません。
看板を希望されるお店は、それなりの取引実績、営業実績を作り、販売店からの信頼を得る必要があります。

この看板を掲げるお店においては、当然のことながら紀州備長炭のみを使用すること。
他の木炭の混入、併用をしないこと。
混入・併用は偽装行為にあたります。
偽装行為はお客様を裏切り、ブランドの失墜を招き、生産者を傷付けます。
厳守できるお店でのみ掲示してください。



◆発行を受けるには?(当店の基準)
まず、それなりの取引実績が必要です。新規取引店には発行いたしません。
お店での使用量や購入量、お店での表現などなど、信頼できると判断した場合のみ無償提供いたします。
電話やメールでご希望いただきますと、発行を検討いたします。

◆発行は下記を厳守できるお店に限ります。
1)紀州備長炭のみを使用すること。他の木炭の混入、併用はできません。(一種の偽装にあたります)
2)紀州備長炭のみの使用を取りやめたり、閉店した場合は返却していただきます。
3)他店での掲示はできません。(表面に当店の押印をしてお渡しします)
4)購入を他店に移行される場合は、返却していただきます。
 当店での看板使用管理ができなくなるため、他店に再発行を依頼してください。



お問い合わせ:nagata@fnw.gr.jp 蠅舛蹐蝓У州備長炭本舗 まで

紀州備長炭本舗

Posted by field5392 at 11:29│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/field5392/52288362