2012年06月21日

炭火はCO2を増やさない再生エネルギー

 
炭火は二酸化炭素(CO2)を増やしません
木炭を燃焼させるとCO2が発生します。
しかし、少々時間差はありますが、木炭になる木を伐採しても、その木は再生し、同じ大きさに戻ると同量のCO2を吸収します。
つまり、木炭を使っている限り、地球温暖化の原因といわれるCO2は増えないのです。
昔から人は木を燃やして生活してきましたが、温暖化には繋がらなかったのです。
石油や石炭など化石燃料に手を出さなければCO2は増えないのです!


◆燃焼時にはCO2を排出するものの・・・・・。
備長炭なら木炭









◆樹木は再生し、CO2を吸収します。
山林1山林2
紀州備長炭を作るため、何度も伐採〜再生を繰り返している紀州の山林。
お爺さんが伐採した山を数十年後に、また、孫が伐採する・・・ということもよくあるのです。







紀州備長炭の原木、ウバメガシ
ウバメガシ
何度も伐採〜再生を繰り返しています。










目次へ戻る



Posted by field5392 at 16:07│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/field5392/52075318