2007年12月03日

七輪を使った木炭着火の極意

ほとんどの人が勘違い これを知っていると七輪通かも

火種(すでに着火した木炭)がある場合は、未着火の木炭を七輪の底、火種を上に置くと早く着火させることができます。
しかも、備長炭やオガ炭など着火しにくい木炭には特に有効なのです。
これは、断熱性の高い七輪の「珪藻土」と「火種」に挟まれた木炭が、一気に温度上昇するためです。炭火は赤外線が多いので、熱は上方向にのみ伝わるのではないのです。
※着火剤などの炎は対流熱のため、ほとんど上にしか伝わりません。
 そのため着火剤は木炭の下に置いてください。
※火種が少ない場合はこの限りではありません。

しかし、ほとんどの人が、火種を下木炭を上に置いてしまうのです


12
早く着火させたければ、
火種が上
未着火木炭が下

※BBQコンロなど断熱性の少ない火器はこの限りでありません。






↓これは最も着火しにくいと定評のオガ炭を使い、
未着火のオガ炭を、火種を央にして実験したものです。

上のオガ炭はほとんど着火していませんが、下のオガ炭(右)は着火しています。
11










木片などを燃やした焚き火着火をする時も、焚き火は木炭の上で燃やせば早く着火するのです。
木片が燃えて炎がなくなり、真っ赤な「熾き火」になってから着火が進みます。
団扇でガンガン扇いでください。木炭が爆ぜるのでご注意を!
13
炎での着火は困難!
」ではなく「熾き火」の火力がポイントです。
そのため熾き火にならない紙などを燃やしても、
備長炭やオガ炭を着火させることはできません。








七輪の目次へ戻る




Posted by field5392 at 10:08│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/field5392/51180627