2006年06月05日

囲炉裏の道具・名称・名前 (後編



火消し壷---------------------------------------------------------------------------------------------------
単に「消し壷」ということも。
炭火を消火するための壷です。空気が入らないように密閉して消します。
一度消した「消し炭」は着火しやすいので、次回の着火時に使います。


■陶器製
火消し壷.jpg火消し壷
←左側が火消し壷






211.jpg212.jpg
←ダルマ火消し(素焼き陶器製) 販売中








■鋳物製
鋳物火消し
鋳物(鉄製)の火消し壷






陶器製・鋳物製の火消し壷は高温になるため運搬は困難です。
多くの場合、このように囲炉裏の隅において使われます。
土間に置いて使う場合は「十能(この火消し壷の上にある小さなスコップ)」などで炭火を運んで使います。


■珪藻土製
火消し壷.jpg
持ち運べる火消し壷(珪藻土製) 販売中







■石造
今では珍しい石造りの火消し壷です
221.jpg222.jpg

喜多家住宅の囲炉裏






福島県の大内宿、会津若松、喜多方あたり特有の「稲荷原石」の火消し壷
火消し壷 石1火消し壷 石2
福島県会津若松市(旧 八田村:はったむら)で採掘する「稲荷原石:とうかはらいし」という岩石を削ったもの。
昔は専門の石切・加工職人さんが居られたそうですが、岩石をくり貫くのですから大変な作業だったと思います。
なぜこの地方特有の岩石の火消し壷があるのか疑問だったのですが、
※福島県白河市の古川様から情報をいただき「稲荷原石」であることが判明いたしました。
他にも稲荷原石で作られた火の道具があるそうです。



火消し壷 石3
これは竈(かまど)用としても使われた大きなもの。
重くて移動は困難です。
福島県の古民家の火消し壷はほとんどが稲荷原石で作られたものです。





■鉄製(オリジナル)
10
コーナー火消しつぼ 販売中
  










炭取り---------------------------------------------------------------------------------------------------
囲炉裏に補充する木炭を小分けにして運ぶ箱です。木製、竹籠・藤籠製、金属製があります。
炭取りとは別に沢山の木炭を保管する箱を「炭箱」といいます。昔は炭俵(すみだわら)で運搬されていたので、そのまま保管することも多かったようです。
茶の湯(茶道)では「炭斗(すみとり)」、箱形状のものを「箱炭斗」と書きます。

261.jpg262.jpg
箱膳のような使い方もできる炭取りです。

販売中




炭取り1.jpg炭取り2.jpg
昔ながらの一般的な形の炭取りです






炭取り1炭取り2IMG_5146







炭取り
ちょっと珍しい何かの実(カボチャ?)の炭取りです。
北海道の泊村の鰊御殿のもの。









茶 釜-------------------------------------------------------------------------------------------------
茶の湯を沸かすための茶釜です。主に木炭の囲炉裏で使われます。
茶釜は大きいので柄杓で湯を汲みます。
柄杓で湯を汲むと湯もよい加減に冷め、何といっても風情が楽しめます。
茶釜3.jpg茶釜1.jpg茶釜2.jpg







茶釜










鉄瓶 薬缶-------------------------------------------------------------------------------------------------
湯を沸かすための鉄瓶、薬缶(ヤカン)です。

■鉄瓶
鉄瓶51.jpg52.jpg







白川郷 鉄瓶1白川郷 鉄瓶2岩手 鉄瓶







IMG_5365
大きなアラレの付いた、ちょっと愛嬌のある鉄瓶です。
こういう特徴的な鉄瓶が販売されなくなりました。





大内宿 鉄瓶
実用的でシンプルな鉄瓶。
土間に置けるよう足がついています。





■薬缶(銅製)
銅薬缶やかん1.jpgやかん2.jpg純銅やかん 販売中










鍋 類--------------------------------------------------------------------------------------------------
囲炉裏料理は鍋物だけでなく、ご飯を炊いたり、湯豆腐もなかなかよいものです。
大鍋.jpg
昔は薪の囲炉裏でこのような大鍋を使うことが多かったようです。

囲炉裏鍋 販売中




61.jpg62.jpg63.jpg










その他の鉄器類-----------------------------------------------------------------------------------------
囲炉裏で使う鉄器は、瓶敷き、灰皿、ジンギスカン鍋、鉄板グリル、ステーキ皿、などなど多種あります。
53.jpg54.jpg
64.jpg










円 座--------------------------------------------------------------------------------------------------
板の間の囲炉裏には昔ながらの円座が似合います。
271.jpg

備後円座 販売中







徳 利-------------------------------------------------------------------------------------------------
灰の熱と炭火の赤外線で加熱する囲炉裏用の徳利です。熱い灰に埋めると意外に速く温まります。
写真がありませんが昔は鳩がうずくまったような形の鳩徳利がよく使われたようです。
231.jpg232.jpg

囲炉裏の徳利 販売中
伊賀焼きの手作り品です






茶香炉-------------------------------------------------------------------------------------------------
お茶の香りでお客様をもてなします。
玄米茶など好みのお茶をのせ、小さな炭火を下におくとお茶の香りが部屋中に広がります。
241.jpg

囲炉裏の茶香炉 販売中
伊賀焼きの手作り品です。






火ばさみ--------------------------------------------------------------------------------------------------
囲炉裏の必需品といえるほど便利で使いやすいものです。
主に木炭の補充や炭火の移動に使いますが、加熱した網の移動などにも便利です。
大きな囲炉裏では火箸よりも実用的な場合が多いです。
51.jpg
黒火ばさみ 販売中








竹 串------------------------------------------------------------------------------------------------------
魚などをじっくり焼く時に用いる長尺の囲炉裏用竹串です。
小さな魚は身を崩さない細身の竹串がおすすめです。
03.jpg

囲炉裏の竹串 販売中







焼き網------------------------------------------------------------------------------------------------------
あらゆる焼き物に用います。五徳や串立てなどにのせるか、珪藻土板やレンガを積んで使います。
※囲炉裏で炭火焼きをすると灰が汚れ臭気が残ります。
炭火焼きには囲炉裏に七輪やBBQコンロを置いて使うと灰が汚れません。
04.jpg









火吹き竹------------------------------------------------------------------------------------------------------
炭火を起すときにお馴染みの火吹き竹です。
(作り方)
長さは40〜70cmほど、吹くと炭火がパチパチ爆ぜて顔にあたるので、囲炉裏にはある程度長い方がよいと思います。
なるべく節から節の間隔の長い竹を選び、節は鉄筋などでコンコンと抜いて、端の節の吹き出し穴はキリかドリルで開けます。
表面を炭火であぶると竹の油がにじみでるので、熱いうちに布で磨くと光沢がでて美しくなります。
口元は乾燥するとひび割れるので布テープか針金を巻きます。
300.jpg
囲炉裏端の人気アイテムです。








火起し道具-----------------------------------------------------------------------------------------------------

281.jpg282.jpg
火起し器  
大きな囲炉裏には業務用の大きな火起し器がよいかもしれません。
囲炉裏用大きな火起し器≪販売中

ガス火にかけて着火させます。
※カセットコンロは爆発事故がおこるので使用厳禁!


283.jpg
木炭着火コンロ  
固形燃料で着火できるのでオール電化でも大丈夫。
販売中





91.jpg
屋外で 七輪  ≪販売中
火を起すために七輪を使うのもよい方法です。
囲炉裏に種火が残っていれば、送風により速く着火できます。

その他、屋外なら着火剤やトーチバーナーなども使えます。
木炭の着火方法はこちら


291.jpg
台十能 だいじゅうのう  ≪販売中
火起し器を重ねて炭火を落とさないように安全に運びます。
加熱した火起し器は置き場に困るので便利です。
台十(だいじゅう)ということも。 「台汁」は間違い。






十能 じゅうのう----------------------------------------------------------------------------------------
木炭・炭火・灰などを運ぶものですが、囲炉裏専用具ではありません。
炭火を座敷に運ぶためこの十能に台を付けたものが、台十能(上記)の原型です。
十能十能71.jpg







小さなものは囲炉裏の汚れた灰を取り除く時にも便利です。
販売中



弁 慶 べんけい ---------------------------------------------------------------------------------------
串刺しの焼き魚を囲炉裏の煙で燻煙し保存するためのもので、囲炉裏上部の火棚に吊るして使います。
この魚は、そば・素麺・水団などの出汁をとるために使います。海の魚が入手困難な山岳地方では川魚で出汁をとっていました。
「弁慶」の名は見ての通り、矢を浴びた弁慶のように見えることからだと思います。

251.jpg
北陸の弁慶

白川郷では「ツマ」と言います。
今は装飾、展示品として使われています。



252.jpg253.jpg








弁慶2弁慶1

東北地方の弁慶

「下げかご」のついたもの









弁慶
北海道 鰊御殿のもの














あかし台--------------------------------------------------------------------------------------------------
囲炉裏端に置いて、石台の上で「肥松:こえまつ」などを燃やして、手元の明かりにしたものです。
肥松とは、倒木した赤松が数年間かけて松ヤニを凝縮させ、樹脂の塊となったものです。松明(たいまつ)としても使われます。
あかしだい.jpg









下げかご -----------------------------------------------------------------------------------------------
囲炉裏の火棚などから吊るして、食品を保存するかごです。
かご.jpg









着物あぶり ------------------------------------------------------------------------------------------
濡れた着物を囲炉裏の火で乾かすためのものです。
着物.jpg









水瓶 みずがめ --------------------------------------------------------------------------------------
囲炉裏の茶釜に足す水を汲み置くものです。
水は井戸水や山水を使うので汲み置きしておくと便利だったのです。
客前に出せるように装飾的な台が設けられています。
水瓶.jpg









メンテナンス道具----------------------------------------------------------------------------------------

72.jpg
ペンキの刷毛

炉の灰を掃除する時に便利です。




73.jpg
左官ゴテ

美しい囲炉裏の灰模様を描くための下ごしらえに使います。
灰をならして押し固めます。



81.jpg
耐熱塗料 スプレーブラッセン ≪販売中

サビついた鉄製の道具を補修し、サビを止めます。






一酸化炭素警報機--------------------------------------------------------------------------------------
囲炉裏部屋には万一の事故に備えて一酸化炭素警報機の設置をおすすめします。
○換気不十分による一酸化炭素の発生を感知。
○火災時、煙よりも早く移動する一酸化炭素をいち早く感知し、逃げ遅れを防ぎます。詳細・販売はこちら



★自在鉤、空鉤へ ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

※囲炉裏の道具は発見次第、随時追加してまいります。

Posted by field5392 at 09:31│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/field5392/50520716