2005年10月25日

囲炉裏や火鉢の灰の圧縮について

囲炉裏でも火鉢でも、新しくいれた木灰は、フカフカしてボリュームがあります。
しかし、数年間も使用すると湿気と乾燥の繰り返しや、使用時の圧力によって圧縮されてしまいます。
灰模様を描くために故意に圧縮させる場合、目安として1/5〜1/4(20〜25%)ほど低くなることをお知りおきの上、灰の容量計算を行なってください。


10cmの深さで新しい灰を入れ・・・
灰10センチ.jpg







灰をコテで圧縮しますと(灰模様を描くため強めに)・・・
灰押さえ.jpg







強く押し込むと、25ミリ(25%)ほど沈みます。 通常でも20%ほど沈むと思われます。
灰8センチ.jpg








囲炉裏と火鉢の道具販売はこちら

囲炉裏と火鉢の灰の目次へ戻る


Posted by field5392 at 19:44│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/field5392/50174532