2005年10月18日

灰模様 初級編−2(火鉢の灰模様)

火鉢の灰模様

火鉢の模様は、箱庭のように手軽に楽しめます。
自由に描くためには、火鉢のサイズにあった灰ならしを選ぶ必要があります。
大きな灰ならしでは模様が描きづらくなります。

囲炉裏と同様にまだまだ初歩的な模様です。

長火鉢の灰模様灰模様長火鉢.jpg灰模様長火鉢 波.jpg

 






上部に金輪のない、三つ爪五徳が美しい模様を描きやすいです。


丸型火鉢の灰模様
丸火鉢灰模様







丸型火鉢も美しい模様が描けます。
なるべく大きな丸型火鉢が描きやすく、模様も際立ちやすいです。

この美しい模様の描ける木灰は、雑木や廃材を含まない、100%ナラの木の灰です。


次へ

目次へ戻る



火鉢道具の販売はこちら   無断転載・複写 お断り 

Posted by field5392 at 12:45│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/field5392/27123168