2005年06月24日

炭火起し − 要注意!

チューブ入り木炭着火剤の取り扱いにご注意!

木炭の着火にはとても手軽で便利なチューブ入りゼリー着火剤ですが、使い方にはくれぐれもご注意ください。
ホームセンターのバーベキューコーナーでお馴染みの品ですので、ご存知の方も多いと思います。

このタイプの着火剤を炭火の近くで継ぎ足しすると非常に危険です。特に日中は火が見えにくいので注意が必要です。
マヨネーズのチューブと同様に搾り出した後は、逆に空気を吸い込もうとします。着火剤はとても引火力があり、火を吸い込んでしまうのです。チューブの中は気化ガスでいっぱいですから爆発します。すると火のついたゼリー状の着火剤が周囲に飛び散り、周囲の人が重度の火傷を負うことがあるのです。

また、沢山の着火剤を木炭に塗りつけて準備しておくと、コンロ内に気化ガスが充満することがあり、火を近づけると爆発し、火のついた着火剤が飛び散ることもあります。

この着火剤による爆発や引火による事故がこの数年で何十件も起こっています。
中には全身の20%に大火傷を負った事例や、周囲の子供3人が火傷を負い、内一人はケロイド状の傷が残る重症、こういった事故が起こっていますので、くれぐれもご注意を!


詳細は検索にて
着火剤 爆発


チューブ着火剤


木炭の着火時にはくれぐれもご注意ください。
写真は「ゼリー状着火剤チューブ入り」の一例です。
さまざまな種類があります。



最も注意したいのは、子供がこのチューブをもって遊ぶことです。大人でも危険性を知らない人が多いのですから・・・。
バーベキュー場には、さまざまな人が集まりますので、チューブ着火剤を持参した人が最後まで責任をもって管理しなければなりません。

ちなみに私はチューブ着火剤を使っている人の側に、家族や知人を近づけたくありません。
そのグループ全員が危険性を知っているとは考えにくいですし、その場で演説するわけにもいきませんから・・・。


切り出し七輪、紀州備長炭の販売は七輪本舗へ 
目次へ戻る

Posted by field5392 at 13:14│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/field5392/26208121