2005年06月23日

炭火起し − やってはいけない! 

 

カセットコンロ、ガソリンコンロを使用した火起しは厳禁です
火起し器は都市ガスで使ってください!


アウトドアで七輪を使われる方、ご注意ください。
火起しにカセットコンロ、ガソリンコンロは絶対に使わないでください。
炭火の熱線でガスボンベやガソリンタンクが異常加熱し、爆発したり炎が吹き出すことがあります。

ほとんどのカセットガス器具の取扱説明書の第1項目が、「炭火起し厳禁!」です。
何故かと申しますと実際に事故が起こり、かつ大きな事故となるからです。
カセットガスやアウトドア用のガスボンベの爆発力は凄まじいもので、ガスの残量が多ければ
半径数メートルが火の海となります。周囲の人々を巻き込んだ大惨事となるのです。
毎年アウトドアシーズンになるとガス爆発事故がニュースになりますので、ご存知の方も多いと思います。
しかし、残念ながら爆発事故は毎年起こるのです。

詳細は検索で
カセットコンロ爆発

カセットコンロ.jpg

カセットコンロでの炭火起しは厳禁です!
火起し器も使用できません。
火起し器は赤熱してボンベに熱を伝えます。



カセットコンロには、ガスボンベが加熱するとガスを自動停止する安全装置付きのものが多いのですが、残念ながら炭火には通用しません。ガスは止まっても炭火はどんどん火力を上げていきます。

カセットコンロ ZO


このようにカセットコンロが下にあるものも使用できません。




炭火は条件次第で1200度を超える高温になります。
1200度の温度とは、ガラスや鉄瓶などの鉄も溶けて流れる温度です。
そのため、ガス管やノズルなどが破損し、ガスの噴出し事故などが起こることがあります。

このほか、ホワイトガソリンなどを使用するバーナーなども同様です。

とにかく、本人のみならず周囲の人を巻き込む事故となり、周辺の施設や住民にまで迷惑が及びますから、絶対に使用しないでください。
七輪本舗が取材調査しましたところ、大手メーカー各社、全ての器具で炭火起しのできる器具はなく、メーカー各社より炭火起し厳禁の指示(取り扱い説明書の通り)がありました。つまり、アウトドアではガスやガソリンを使用した炭火起しは禁止されており、万一事故が起こってもメーカーは責任を持ちません。もちろん火起し器も使用厳禁です。
もし、知らずに使っている人を見かけたら注意してあげてください。
楽しいはずのレジャーでリスクを負う必要などありません。
製造メーカーが説明書で禁止しているので保険も下りないでしょう。

ガス火不要、オール電化対応の木炭着火コンロはこちら
木炭の着火方法はこちら



炭火起し − 要注意に続く

目次へ戻る

Posted by field5392 at 16:18│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/field5392/26122860