2016年11月01日

雑木の紀州備長炭

 
珍しい雑木の紀州備長炭です

紀州備長炭の原木というとウバメガシ! と思っておられる方が多いのですが、正式には原木の規定はなく、ウバメガシやカシでなくても、れっきとした紀州備長炭なのです。
そもそも「ウバメガシ」もカシではなくナラ科の植物で、見た目もナラやクヌギによく似ています。
「備長炭=カシ類」という定義もあるようですが、「ウバメガシ=カシ類」という勘違いを含んでいるのです。

ちなみに現在製炭されている紀州備長炭の95%以上がウバメガシ、残り5%以下のほとんどがアラカシですが、まれに「雑木」や「楢:なら」の紀州備長炭が存在します。
アラカシでさえほとんど流通しませんので、産地でも滅多にお目にかかれません。
昭和初期までは燃料不足から、多く製炭されていたのですが、出荷価格も低くほとんど製炭されなくなりました。
雑木には、ソバ、アカメ、ネジキ、ヤブツバキ、トネリコ、カマツカ、サカキ、トベラ、ヤマモモ、クロガネモチ、ネズミモチ・・・などなど。
昭和初期は多くの雑木が製炭されていました。

雑木といえどもしっかり比重のある高火力な広葉樹ですから、ウバメガシの窯の焚き付けとして使うことがよくあり、
ほとんどが燃えてしまいますが、たまによい備長炭となり、その少量を集めて出荷されることがあります。

15kgが入った箱は滅多にお目にかかることのない品です。

また、コナラ、ミズナラ、を原木とすると雑木ではなく「楢:なら」という規格に分類されます。




雑木の紀州備長炭   ▼クリック拡大
IMG_6757

これはソバ、アカメ、ヤブツバキ、を原木としたものです。









  ▼クリック拡大
00020001







ウバメガシと同様に紀州備長炭の箱で出荷されます。
比重が小さく同じ15kgでも体積が大きいため、大きな3号箱に入れて出荷されます。
表示名は「雑」と書かれますが、備長炭ではない各地の白炭と比べて、見た目も美しく燃焼性能も高いです。
原木により異なりますが、一般的な白炭より炭素密度が高く、持った感じもずっしりしています。
着火すると備長炭特有の全体が光る現象が見られ、明らかに黒炭の燃焼と異なります。
これは紀州特有の丁寧な製炭により、原木が強く引き締められるためだと思います。
同じ、ナラを原木としても一般的な白炭の製炭ではこのようなしまった炭にはならず、黒炭に近い燃焼になります。




IMG_6734
←ソバの木の紀州備長炭です。
ソバはとてもよい原木で、ウバメガシに混入すると区別がつかないほどです。
ずっしり重くしまり、火力も申し分ないです。










目次へ戻る  
Posted by field5392 at 09:57TrackBack(0)

2016年10月31日

楢:ナラ 白炭の燃焼

 
楢:ナラ 白炭の燃焼

白炭ですが、いわゆる備長炭(カシ類、ウバメガシ)ではないナラの白炭です。
主にカシ類の少ない、東北や山陰地方など様々な地方で製炭されますが、生産量が少なくあまり流通していません。
白炭のため備長炭同様にほとんど臭気がなく、昔から囲炉裏や火鉢、掘りごたつに使われた良質な木炭です。
生産者は戦後徐々に少なくなり、近年、海外からの安価な備長炭の輸入が増え、ますます減少したそうです。
里山やそこで暮らす人たちの生活を守り、二酸化炭素を増やさないためにも、こういった良質な木炭の生産が増えればよいと思います。
価格は一般的な国産黒炭より高価です。


※白炭(備長炭を含む)は一度燃焼させた炭に灰をかけて消火したものです。燃焼時に樹脂成分がなくなるため、ほぼ臭気がありません。


楢(ナラ)白炭
DSC_0035DSC_0052












燃焼具合ですが、備長炭のように着火直後から全体が強く光るということはなく、比較的黒炭に近い燃焼のが多く、
着火部分より黒い部分を残しながら、徐々に広がっていきます。
その速度は黒炭よりやや早いかもしれません。また、燃焼時間もやや黒炭より長いと思います。
黒炭同様に全体が光るには少々時間がかかりますが、黒い部分がなくなるまで着火してしまうと、
炎も少なく強い赤外線を放ちとてもよい火力があります。
また、炭質は産地や生産者、形状により様々で、黒炭に近いもの、備長炭のようによくしまったものと様々です。

湿気を含むと備長炭と同様に爆跳することが多いです。
※爆跳:ばくちょう 着火時にパンパンと勢いよくはぜる現象。


部分着火して徐々に火が回っています。
▼クリック拡大でご覧ください

IMG_6727DSC_0057
















よくしまった炭は、燃え方も備長炭に近いものがあります。
DSC_0094
素晴らしい日本の木炭です!












目次へ戻る  
Posted by field5392 at 19:50TrackBack(0)

2016年08月23日

紀州備長炭の窯(かま)



紀州備長炭の窯

紀州備長炭の窯は、多くの場合2、3名で協力しながら作られ、完成まで3〜4か月ほどかかります。
大変高度な技術が必要で、必ずベテランの製炭師の指導により作られます。
窯には製炭者の個性やノウハウがふんだんに取り入れられるので、使用する材料、構造や形状も異なります。
窯の大きさもそれぞれの製炭者のワークスタイルで異なり、一度の製炭で20数俵〜40数俵(1俵は一箱15kg)程度と様々です。
一人で製炭するのか、家族や仲間で助け合えるのか、原木の調達具合や体力により異なるのです。
様々な周囲環境に合わない窯を作ってしまうと、とても仕事がきつくなります。

窯はある程度使用するとひび割れなどで性能が低下するため、作り直しが必要です。
その時の体力や周囲環境に合わせて、大きさの違う窯に作り直すのです。

多くの場合、紀州備長炭の窯はこのように山の傾斜部を少し削って作られます。
山の土で保温性を高め、窯を支えるためです。
ただ、地形により雨水が流れ込んでくることも多く、場所の選定が難しいです。


DSCN0180tsuchiyanewkama3











近年では山の代わりに、平地にコンクリートでコの字型の防波堤のような壁を作り、その内側に窯を設けたものも多くなっています。
窯はできるだけ蓄熱量が多いほど高温に保たれ、連続して効率よく良質な炭を作りやすくなります。
そのため蓄熱性、断熱性を持たせるため、とても厚みのある構造になっています。

DSCN0191












窯内部はこのような「いちじく」のような形状です。
備長炭(白炭)は燃焼状態で窯の外に出されるため、その時は人が中に入ることはできません。
そのため、全ての部分が外からかき出せるように「いちじく型」にするのです。

 ↓左側が入口  これは補修中の窯で断熱・蓄熱用の瓦を土で固めながら積んでいます。

IMG_6612IMG_6604












天井はドーム型で、大変な高温にさらされるため、ひび割れしないよう慎重に作られます。
ひび割れがあると空気が抜けてしまい、燃焼調整ができなくなってしまいます。
土の種類や配合、固め方など非常に高度な技術を要します。
経験値の少ない人は、ベテランにノウハウを伝授してもらって作ります。
相当なベテランでないと窯を作ることはできず、習得するには20〜30年は十分にかかり、
指導者となるにはそれ以上の年月がかかるようです。
2~3年も使用するとこのドーム屋根がひび割れて空気が抜けるので、この屋根のみ補修されることも多いです。

kamazukuri5kamazukuri6DSCN0197












製作中の窯の内側を見上げると、写真ではわかりませんが、丁寧に木を積み上げてドーム形状がつくられています。
この木の上に土を塗って、最後に木を燃やしてしまうとドーム屋根が現れるのです。

genboku3












kamazukuri2
使用する土質は非常に重要で、その土の採掘場所は秘密にされるほどです。
ブレンドしたり、古い窯の土を使うこともあります。











窯の入口は人が出入りできるよう縦長に作り、火を入れるときは全面を土で塞ぎ、
その時々に応じて空気量を調節するため、小さな穴を開けたり、口の形を変化させたりします。
この空気の調整はそれぞれの窯の個性や原木の入れ方、季節、火力などにより異なり、高度な技術が必要です。
主に煙の色と臭いで調整を行い、ミスると火力の出ない炭や形状が崩れガチャガチャの炭になってしまいます。
風邪をひいて臭いに鈍感な時は、近くの仲間を呼んで判断してもらうほど臭いが大事なのです。

kama3DSCN0501kamadashi2



















窯に入れるため用意されたウバメガシ。
多くの原木を窯に入れるため、曲がりくねった原木に切り目を入れ直線的に伸ばされています。
よく見るとドーム型の天井高に合わせて、原木の長さを調整しています。

人が入れない高温の窯に原木を入れるときは、水平に入れてから、棒を使って跳ね上げて入れます。
そのためにも口は縦長になっているのです。

genboku6

紀州備長炭は原木を必ず縦に入れます。
※土佐備長炭は横積みです。









窯の最奥下部に設けられた排出口の入口。
窯内で熱された空気(煙)はこの排出口から、煙突を通り排出されます。
この口の大きさや内部構造も非常に重要な部分で、作りが悪いとよい炭が焼けません。

kama2











窯上部の排出口の出口。ここに煙突を接続します。
排出量(煙の引き)を調整するためキャップを置いたり、接続する煙突の長さや角度を調整します。

kemurianaDSCN0507












窯の横に窯出しされた備長炭を消火するスペースがあります。
灰と土を混ぜた、す灰(スバイ)に水をまき、その中に備長炭を埋めて消火します。
このす灰が炭の表面に付着し、白っぽく見えるため一般的な黒炭に対して、備長炭は「白炭」と言われます。

kamadashi10kamadasi19DSCN0499














目次へ戻る  
Posted by field5392 at 11:50TrackBack(0)